全身脱毛の謎 全身脱毛におけるトラブルと回避法について質問者への回答です。とくに深刻な肌トラブルを中心に述べ、肌の弱い人への注意喚起などでまとめました。

Category Archives: 全身脱毛はサロンか医療機関か

全身脱毛は自己処理で行ってきたがV.I.Oがうまくいかない

全身脱毛を受けるのにサロンが良いか、医療機関の全身脱毛が良いか、二者択一の選び方とおすすめについてお話ししましょう。

■フラッシュ脱毛とレーザー脱毛。

「全身脱毛を行うのにサロンが良いか、医療機関が良いかという選択の問題」は、男女を問わずしばしばプチ議論になります。

サロンで行う全身脱毛は、フラッシュ脱毛といって出力の小さい機械を用います。

いわゆる家電製品の業務用と考えましょう。

医療機関が用いるのはレーザー脱毛といって、医師免許を有したドクターが医療用の機械として用いることが許されています。

サロン用にくらべ2倍以上の出力があり、永久脱毛、またはそれに近い効果が期待できます。

■効果と回数で考える選択基準。

永久脱毛できる医療機関の全身脱毛にくらべると、サロンでは出力が弱い分だけ半永久脱毛とも言えない程度の効果しかありません。

言ってしまえば「ひと夏をむだ毛なく過ごせればいいかな」といった程度です。

またサロンに通う回数も医療機関にくらべると多くなります。

夏前の駆け込み脱毛で何とか宜しくとお願いしても、全身脱毛とまではいかないのが実状です。

■全身脱毛の自己処理は誰でも無理で危険です。

女性なら女医さんのいる医療機関でじっくり問診を受けて施術してもらいましょう。

医療機関の全身脱毛は、料金的に高いかなと思われがちですが、万一の際の後処理・対応、事前の肌体質チェックなどがしっかりしているため初心者でも安心です。

またサロンのように長期ではなく、付帯サービスの追加などもないため、全体的にみると医療機関の全身脱毛のほうが割安です。

クリニックの全身脱毛の技術と、サロンでの技術の差は?

全身脱毛を受けるなら、未熟な技術者が多いサロンはNGというような口コミが一部にあります。

ホントにそうなのか、実際をお話ししましょう。

■間違った認識と心得たい危険な駆け込み。

質問者の問いにある「クリニックで行う全身脱毛の技術にくらべると、サロンでの全身脱毛では技術的に未熟者が多い」というのは、結論から言って間違った認識です。

医師にも技術的に未熟な人間がいますし、サロンのスタッフにも未熟者はいます。

医療機関の医師にお願いしたから安心というわけではありません。

ただしとくに全身脱毛の希望者が殺到する夏前の期間については以下のような危険性はあります。

■駆け込み需要に応えるがための対応策。

夏前は、それまで自己処理で行っていた女子や男子が、急にデートに誘われるなどして、駆け込み寺のように全身脱毛を希望しサロンに殺到します。

そうするとエステサロンなどでは人手が足りなくなるので仕方なく技術の未熟なスタッフに施術を行わせることになります。

しかも客からは、「できるだけ早く!」、「永久脱毛でなくても完璧に」、「回数は4回しか通えない」などのプレッシャーがかけられるため、施術のガイドラインやマニュアルを超えて行ってしまうことが多いのです。

■駆け込みで多いのはクリニックよりサロン系の全身脱毛。

トラブルを回避するには、夏の需要期以前に計画的に通いましょう。

技術が未熟なのは「利用者が無理を言うからだ」という一面があることもお分かりいただけたと思います。

医療機関では、そのような無理にきっぱり断りを入れますが、サロンは民間の美容商売なので対応してしまいます。

注意しましょう。